新入社員の好印象なファッションの選び方

cap image

いよいよ年度が替わります。4月には新入社員になられる方も多くおられることと思います。社会人になると、何を着ても許される学生時代とは違い、毎日の洋服選びは大変です。そこで、会社での印象が良いものとなる、通勤での服装選びと注意したい点について、解説します。女性の社員でないのであれば、基本スタイルは、ジャケットにパンツなどが選ばれています。

インナーは、襟付きを着ていただけると、好印象を持たれます。

女性に比べて、色や形にちょっとしたアレンジの振り幅も乏しく見える男性の服装の場合は、会社によって制限があるかと思いますが、小物などでさりげなく、季節をイメージさせる色を選ぶ事で、オシャレに仕上がります。ボトムスは、綿のパンツかチノパンを選ぶと良いでしょう。女性の場合は、バリエーションが豊富なため、むしろ、どういったファッションが相応しいのか迷いますが、トップスに合わせるということをまず考えてください。

まず、気を付けたいのがスカートの丈はどこまで許されるか、ということですが膝より下にくるようにしましょう。裾が膝より上のラインだと一般的に、露出度が高いと判断されてしまいがちです。

ワンピースは、派手すぎないことに気を付け、カーディガンやジャケットを羽織ることで、OL向きのファッションになります。女性なら、靴の選び方も気にしなければなりませんが、足に負担が掛かりにくい、自分に合った靴を選んだり、会社に、履きやすいものを一足用意するとよいでしょう。

身に付ける装飾品に関して言えば仕事をする場所であることを忘れずにあまり高価なものは避けておいたほうがよいです。職場に慣れるまでは、アクセサリーの代わりにおしゃれな時計をしていくくらいにして、控えめな感じにすると良いと思います。

会社には独自の語られないタブーになっているところもあるので周りの様子を伺いながら、徐々に、対応していけば良いでしょう。服装だけでなく、髪型やメイク、爪などにも気を付けるようにし、新入社員は立派な、会社の一員なので、身奇麗な装いができるようにするようにすれば良いでしょう。