ファッションの年代別による変化

cap image

ファッションは年代別で印象が変わります。最近は、美魔女と言われる40代の見た目が若い女性が増えていますが、渋谷系のモデルが着るような原宿系を着ると、正直きついです。ファストファッションと言われる激安のファッションは、年代別のブランドというより着こなし方によって年代の差別化を表します。10代は若々しく、可愛いファッションが似合います。あまりお金がかけられないので、安くて可愛い服を選びます。そんな中高生にはファストファッションが強い味方になってくれます。

ミニスカートやショートパンツなどのアイテムは若々しくよく似合います。

20代になると、就職や結婚などで、服装が落ち着きます。可愛らしさを残しつつ、クールでシンプルなテイストをミックスしたブランドを選ぶようになります。また、服装にかけるお金も、安さ重視の人から、高くてもデザインの良さを選ぶ人も出てくるのがこの年代です。高すぎず、比較的手ごろなブランド選ぶと、ほどよいトレンド感を感じられます。社会人の人も多いでしょうから、オフィスでも着こなせるクールなシンプルブランドも人気があります。

20代も前半と後半を意識する女性なら、可愛らしさから、シンプルなものに変化する人もいます。

30代になると、あまりにも可愛すぎる服は恥ずかしいけれど、今度は年齢より若く見えることを気にする年代です。少しずつ高品質なものを選ぶようになるのも、この年代の特徴です。素材や室にこだわった大人向けの高品質なブランドが人気です。けっして老けて見えないように、トレンドを取り入れつつ大人の魅力を引出しています。


40代になると、30代よりも可愛らしさが控えめになります。上品でクールできれい目なブランドが好まれます。上品な雰囲気を基調としたファッションブラントを選ぶと、40代やアラフォーの女性に似合います。このように、女性のファッションは年代別により、可愛いから上品さへと移る傾向があります。可愛いもの好きの人いいですが、年齢を意識するのも大切です。