樫山オンワードの「自由区」のファッション性の高さ

cap image

樫山オンワードの「自由区」は今季15周年を迎えます。20代をターゲットにした組曲、30代をターゲットにした23区と比べると、ゆったりめの自由区ファッションは、腕の付け根や胴回りを締め付けすぎない作りになっており、ゆとりのある大人を演出してくれます。外出着など明るく優しいコンセプトを打ち出しているだけあって、贅沢な肌触りとシルエットの美しさで魅了してくれます。

自由区の人気の秘密はその上品さにあります。上質な素材と少しエアリーな、風をはらんで翻る感じは、組曲のほかのシリーズには見られないものがあります。

無地なのに、織りが凝っていたり、一見普通のダウンコートなのにウォッシャブルだったりと、随所に工夫が見られるのも嬉しいところです。特にお出かけ用の服は、自分で気軽に手入れをしたいものです。メンテナンスもしやすいように考えられているファッションは、一度袖を通したいものです。

色にスタンダードなものが多いのも、平日は職場、休日は街歩きにと応用したい人にはぴったりです。ベーシックな色は悪目立ちしないので、自分カラーの時計やアクセサリー、バッグを引き立ててくれます。

アクセサリーの色の映り方は必見です。普通、色目によって茶系にはシルバーははまらないことがあるのですが、自由区の茶系カラーにはゴールドはもちろんのこと、シルバーもしっくり決まります。おすすめは自由区のベージュにピンクゴールドを添えることです。不思議に甘い、きれいめコーディネートの出来上がりです。

エレガントでカジュアルな自由区は、サイズ展開が多いのも魅力の一つです。

  • 自由区の新作、注目アイテムを探そう

シルエットはどうしても体系に左右されるので、もう少しタイトにしたい、などの場合は一つサイズを下げるのがおすすめです。これはSサイズの展開が多いからこそ試せることです。TPOにとらわれず、使い方次第でどこにでも着ていけるファッションはいつでも重宝しますよね。ゆとりあるおしゃれで、新しい季節を楽しんでください。